• アオテア教育サービス

【2022年NZ国境開放】重要な日付と隔離制度について(2022年2月時点)

ニュージーランドでもついにオミクロン株が市中で広がり、連日市中感染者の記録を更新している。ついに到来したニュージーランドの「with コロナ」時代。そんな中、アーダーン首相はオミクロン株の市中感染を考慮に入れた上で、国境開放のスケジュールを改めて発表した。



【国境開放プランの重要な日付】※2022年2月時点のものです。


<5段階の開放スケジュール>

(1)ステップ1:2月27日(日)午後11時59分から、豪州からのNZ国民、NZ永住権保持者及び特例入国が認められた外国人。

(2)ステップ2:3月13日(日)午後11時59分から、全世界からのNZ国民、NZ永住権保持者、特例入国が認められた外国人、賃金の中央値の1.5倍以上の収入がある必要不可欠な技能労働者(6か月未満)及びワーキングホリデービザ保持者。

(3)ステップ3:4月12日(火)午後11時59分から、全世界からの既に発行済みの有効なビザ保有者、最大5000人の留学生、季節労働者、必要不可欠な技能労働者(賃金の中央値1.5倍要件は撤廃)、その他優先される渡航者、プロスポーツ選手及びチーム関係者及び重要な文化イベントの出演者。

(4)ステップ4:7月までに、豪州国民及び永住権保持者、ビザ免除渡航者及び短期ビジネス目的渡航者及び労働ビザ保持者。パンデミックが次の段階に進んだ場合、日程が早まる可能性あり。

(5)ステップ5:10月、観光及びビジネス目的のビジタービザ保有者(通常のビザ発給プロセス再開)。


<NZ入国時の隔離について>

(1)入国者へ管理隔離(MIQ)を要求しない一方で、現時点において、入国者はNZ国内における濃厚接触者と同等の要件を遵守することが求められる。ワクチン未接種者を対象に、MIQは継続される。

(2)入国者は10日間の自己隔離を必要とするが、NZ国内がオミクロン対策の3つのフェーズのうち、フェーズ2に入った場合は濃厚接触者の隔離期間が短縮されるため、入国者もいずれ7日間の自己隔離になる。

(3)入国者には、空港到着時に自己隔離場所で使用するための迅速抗原検査キットが3セット配られる。到着日乃至1日目、5日目乃至6日目に使用する。1セットは予備。

(4)陽性が出た場合、渡航者は地域の検査施設でPCR検査を受ける。


以上が2022年2月時点で発表されている国境開放に向けた動きのスケジュールである。ニュージーランド国内の市中感染の状況によって、予定が変更になることは十分にあり得るが、外国人の受入再開に向けて、大きく動き出していることに間違いないだろう。


情報元:

在ニュージーランド日本大使館

ニュージーランド政府サイト(アーダーン首相の声明)

ニュージーランド移民局サイト(隔離制度について)


アオテア教育サービス

Aotea Education Service